管理のしやすさが魅力|住宅のこだわりポイントは無数にある!失敗しないための注文住宅選び

住宅のこだわりポイントは無数にある!失敗しないための注文住宅選び

インフォ

管理のしやすさが魅力

外観

入居者と同じ物件に住む

賃貸併用住宅の最大の特徴は、経営している物件に住むことです。入居者と同じ設備を利用することから、設備や部屋の状況を把握しやすくなります。また、トラブルが起こった際にも急行することが容易ですし、入居者と毎日のように接することで人の縁にもなり、入居者の居住期間が長くなるメリットがあります。管理費用がかかりにくいことや、自らを絶対に住み続ける入居者の一人としてカウントすることもでき、収益の面でも効果があります。既に資金があり、1棟単位での物件購入を考えている方や、人間関係の構築に煩わしさを感じない方には特におすすめの経営形態です。賃貸併用住宅はまだ認知されていない方法ですので、今後そのような物件が増えると考えられます。

あくまでも賃貸経営です

賃貸併用住宅には、一般的な不動産投資と比べて違う注意点があります。不動産には築年数や立地など、収益を左右する要素がありますが、通常は入居者の集まりやすさを中心に考えることになります。しかし賃貸併用住宅では、物件の構造についてより注意をしなければいけません。日当たりの良いスペースや、物件の中で人気になる場所は入居者用に空けておく必要があります。賃貸物件であると同時にマイホームでもあることから、一番良い部屋に住みたくなりますが、あくまでも商売です。また、入居者との距離が非常に近いことから、入居者の人間的な資質にも気を配る必要があります。騒音を出す人の場合、普段の生活に影響を及ぼします。どのような人が入居者になるかは特に注意するようにするべきです。